いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


映画「銀色の雨」の鈴井貴之監督曰く
浅田次郎原作、鈴井貴之監督、賀来賢人、前田亜季、中村獅童 出演
映画「銀色の雨」

鳥取、島根で先行上映中(映画「銀色の雨」の内容はココ?)ですが、

11月28日(土)より、
東京のシネマート新宿、シネマート六本木、
北海道は札幌シネマフロンティア

さらに
12月5日(土)より、
大阪シネマート心斎橋、シネリーブル梅田他、次々と全国順次ロードショー上映開始だそうですが、


鈴井貴之監督曰くロケ地の米子について
「米子の山、海、川などの風景は、日本の原風景のような気がした」
と語っています。


「昭和の息吹を感じられる街」

が米子の市街地にあります。
最近かなり客足が増えている「中海・加茂川遊覧」などもその原風景を感じさせる場所。
昔ながらの朝日町をメインにした飲み屋街。米子城跡などなど。

映画「銀色の雨」を見た後、
昭和の風を感じに米子へ来てみてください。



宿泊先は右フレームのJTBからでもOKです。






JUGEMテーマ:映画




映画「銀色の雨」本日公開です
映画「銀色の雨」ポスター
浅田次郎原作
鈴井貴之監督
賀来賢人、前田亜季、中村獅童 出演

映画「銀色の雨」

本日2009年10月31日山陰で封切り


浅田次郎に「昭和の雰囲気が残る街」と絶賛された米子市を舞台に「鉄道員(ぽっぽや)」と並び愛される浅田次郎の珠玉の短編映画。

「昭和の空気」を思う存分味わった後は、米子の街に出て「昭和の雰囲気」と「銀色の雨」気分を味わえるかも。

映画「銀色の雨」のロケ地マップを手に入れましたか?


http://inakaweb.jugem.jp/?eid=855
JUGEMテーマ:映画




映画「銀色の雨」ロケ地マップ
映画「銀色の雨」
いよいよ明日から山陰で封切りです。

先日ロケ地マップのPDFリンクをご紹介しましたが、元のロケ地マップ印刷物が手に入りました。

またすこしずつ公開したいと思います。


JUGEMテーマ:映画




JUGEMテーマ:気になること




映画「銀色の雨」の菊枝の部屋が再現
映画「銀色の雨」で主役の3人が共同生活した“菊枝の部屋”が、やよいデパート(米子市)に再現され、一般公開されるそうです。

これは面白い企画ですね。



平成21年10月31日(土)から平成22年2月28日(日)まで
やよいデパート 催事場(5階)やよいデパートの地図はココ

10月31日の米子市での映画「銀色の雨」の先行上映の舞台挨拶に
鈴井貴之監督と賀来賢人が来ます。
その後でやよいに部屋を見に行くそうです。


映画をみて、ロケ地マップを片手に部屋を訪れ映画の雰囲気に浸ってみるのも良いかも知れませんね。


舞台挨拶は10月31日

米子市公会堂 午前11時
MOVIX日吉津 午後1時
米子駅前SATY東宝 午後3時5分
松江SATY東宝 午後5時55分

11月1日の舞台挨拶は鈴井貴之監督

倉吉シネマエポック 午後1時30分
鳥取シネマ 午後3時30分

舞台挨拶は見逃しても主役の3人が暮らした部屋を覗くのも悪くないかも。

映画「銀色の雨」の出演は
賀来賢人、前田亜季、中村獅童
ほかに
濱田マリ、TEAM NACS、サンドウイッチマン、佐々木すみ江、輪島功一、竹原慎二、ルー大柴など


JUGEMテーマ:映画




映画「銀色の雨」いよいよ封切り
あと数日に迫りました浅田次郎原作の映画「銀色の雨」鈴井貴之監督
賀来賢人、前田亜季、中村獅童
濱田マリ、音尾琢真、大島優子、冨澤たけし、伊達みきお
主題歌 : 徳永英明「透徹の空」

鳥取県の
米子市、境港市、大山町、美保関などを舞台に撮影された映画「銀色の雨」ですが、

封切りに先立ち撮影された映画銀色の雨」のロケ地マップが印刷されています。
表紙込みで5ページがPDFにされています。

で、映画を見て、米子までロケ地探訪に来て欲しいという気持ちで作ったのでしょうが、このPDFが汚い。

印刷物を安物のイメージスキャナーで取り込み鳥取県のホームページから取り出せるようにしてあります。

やるなら印刷した会社でPDFにしてもらって使って欲しい。
そうすれば印刷物と同等に近いきれいなものを見ることが出来る。
全国の浅田次郎ファンや鈴井貴之ファン、賀来賢人ファンや中村獅童ファンにもいいものを見てもらえるんじゃないか。
とにかく汚いPDFで情けない。


それに、せっかくロケ地マップを作っても
多分印刷物だけで終わっているんでしょうね。

実際にロケがあった現場に行っても何も無いんでしょうね。

まぁそんなことだろうと思いますよ。


ロケ地マップを作ったということは米子に人を呼びたいということなのだから、ロケのあった場所に看板なり撮影写真なり、記念撮影用セットでもおいて置くのが常識ってものだろうけど、まずそんなことはしないんだろうね。

米子にロケ地見学に訪れた客はがっかりするんだろうね。



まぁ、二度来ることは無いわな!



そうならないように願いたいね。
1200人のエキストラやボランティアのためにも


少し咲きに手を打って頂戴!よ


JUGEMテーマ:映画




映画「銀色の雨」11月公開
映画「銀色の雨」は、昨年の秋から冬にかけて鳥取県米子市を中心に撮影されていましたが、やっと11月下旬に全国公開となります。

鳥取県西部では、映画「銀色の雨」は10月31日から
鳥取シネマ、倉吉パープルタウンシネマエポック、ムービックス日吉津、米子サティ東宝、松江サティ東宝
で、先行上映開始となります。
映画「銀色の雨」詳細はこちら

全国公開は11月下旬 東京、大阪、名古屋など全国80館で順次上映されます。


全国公開に先駆けて映画「銀色の雨」のプレミアム試写会が開催されます。

■会員対象限定 プレミアム試写会(2000名限定)

■9月21日(月・祝)午後2時30分〜 於:米子コンベンションセンター

主演キャスト(賀来賢人、中村獅童、前田亜季)+鈴井貴之監督の舞台挨拶があります。



映画「銀色の雨」の主題歌は徳永英明の「透徹の空」
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND78092/index.html

当初予定されていた映画の主題歌はこれではなかったのですが
映画のラッシュを見た徳永英明氏が
この映画のイメージ合わせて、書き下ろした曲がこの「透徹の空」です。


プレミアム試写会に行きたい人は急いで
平井伸治鳥取県知事も駅員役で出演しています。


現在 会員募集中です。
(会員になって頂いた方には、プレミアム試写会の招待券が付いています。)

詳しくはこちら→http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=119652


映画「銀色の雨」浅田次郎原作 2009年秋公開詳細




「銀色の雨」クランクイン
映画「銀色の雨」が11月17日クランクインしました。

鈴井貴之監督を迎えて午前8時半より米子市博労町の勝田神社で安全祈願と大ヒット祈願祭が行なわれた後、地元紙の日本海新聞淀江販売所でクランクイン。

住込みでアルバイトをしている新聞配達店を中心にしたシーンの撮影。

直木賞作家・浅田次郎さん(56)原作の映画「銀色の雨」来年秋の公開予定。
チーフプロデューサーの竹山昌利さん(56)は「全国で30万人は動員したい。県内でも6万〜8万人の皆さんに見てもらいたい」と期待しています。

Boscyo(~~♪もしっかり応援します。

映画「銀色の雨」浅田次郎原作 2009年秋公開
JUGEMテーマ:映画




映画「銀色の雨」エキストラ出演ツアー
映画「銀色の雨」の撮影エキストラツアーが企画されました。
企画は日本旅行 関西からでJRセットプランもあり
12月13日撮影分のエキストラ撮影時間は9時から17時を予定
宿泊は皆生温泉で1泊又は2泊
詳細は
映画「銀色の雨」撮影エキストラツアー
日本旅行赤い風船西日本事業部で

2009年秋公開予定 浅田次郎原作、鈴井貴之監督、賀来賢人主演
映画「銀色の雨」


JUGEMテーマ:映画




「銀色の雨」17日ロケ開始
いよいよ映画「銀色の雨」(直木賞作家 浅田次郎原作)のロケが米子市で11月17日(月)午後よりスタートします。

クランクインに先立ち、17日午前8時半より米子市博労町の勝田神社で安全祈願と大ヒット祈願祭が鈴井貴之監督を迎えて行なわれます。

12月末のクランクアップまで米子に大勢のロケ隊が滞在して地域の皆さんの協力を頂きながら、多くのエキストラのみなさんと一緒になって、映画の9割を占める米子・大山・境港・美保関・出雲などの山陰ロケが敢行されます。
(地名など ほぼすべて 実名で登場します。これは映画ではなかなか無いことです。)

今年中に撮影を終え、映画が仕上がるのが来年3月。
2009年9月から全国公開です。

全国公開に先駆けての地元の山陰での先行上映も計画されているようです。


この映画によって地元が元気になれるように!ということで

第一発目の?お祭り&交流&協力イベントを開催


■タイトル 映画「銀色の雨」制作発表&懇親会 

■日 時  11月29日(土)午後7時〜午後9時

■場 所  米子コンベンションセンター多目的ホール

■概 要 (第一部)製作発表会 午後7時〜7時30分
     ※メインキャスト(中村獅童、中村亜季、賀来賢人)
      鈴井貴之監督、竹山プロデューサー
      平井伸治鳥取県知事 他

(第二部)懇親会   午後7時30分〜9時
※ロケ隊の胃袋を支える「銀色の雨まかない隊」のみなさんのご協力により、まかない隊屋台が勢揃い!
    
■参加費 10,000円(うち半額を製作協力金に使用します。)

■チケット販売等 詳しくはこちら→http://www.bigship.or.jp/

参加者募集中!

地域のみなさんの真心とご支援によって、何とかこの映画を成功させたいと勝手連的に寄り集まった「銀色の雨」連絡会は動いているそうです。

この懇親会では 一万円のうち半分は懇親会費(飲食代等)半分は映画の製作費に充ててもらおうと計画。

映画「銀色の雨」浅田次郎原作 2009年秋公開
JUGEMテーマ:映画




映画「銀色の雨」ロケ地は米子市
映画「銀色の雨」浅田次郎原作 2009年秋公開予定
直木賞作家・浅田次郎さんの短編小説を原作にした映画が、米子市や境港市、大山町、松江市美保関をロケ地にして制作される。少年とボクサー、スナックのホステスの奇妙な同居生活を描く「銀の雨」と題した物語。鳥取県や米子市なども、エキストラの手配や撮影場所の提供などを通じて制作を支援する。
制作費は約1億3000万円で、撮影は11月17日から約一カ月間を予定。撮影開始直前に配役を発表する。劇場公開は2009年秋の見込み。詳細はこちらにあった
JUGEMテーマ:映画