いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


上原多香子ヒロインの「恋谷橋」
SPEEDの上原多香子って割と好きなタレントなんですが、1983年1月14日生まれといいますから、もう27歳にもなるんですね。

Boscyo(~~♪と誕生日が近い!


彼女三朝で撮る映画のヒロインなんですね。
しばらく前に三朝町議会が「恋谷橋」ロケ支援に450万円支出する話があり、ブログにも載せましたが、

いよいよクランクインしたようです。

出演者も豪華俳優陣です。松方弘樹、吉行和子、石橋蓮司、小倉一郎など

相手役は水上剣星(みかみけんせい)
現在「ギルティ 悪魔と契約した女」に出演中。
上原多香子よりひとつ年下ですねぇ。


映画「恋谷橋」の出演者一覧

三朝温泉を舞台の映画「恋谷橋」は、第1回スーパーシナリオグランプリの作品を基に一昨年から制作準備
全編、鳥取県内で撮影です。

「恋谷橋」のオフィシャルサイトはこちら
まだ、何もありませんでした。
ブログとツイッターの準備もしてありました。ツイッターのフォロワーも数えるほどですので、是非フォローしてあげてください。
一応Boscyo(~~♪もフォロー入れておきました。


http://inakaweb.jugem.jp/?eid=939





三朝町議会がロケ支援に450万円
鳥取県中部、
世界遺産候補を目指した三徳山のお膝元の三朝温泉。

温泉としても結構有名ですが、

「恋谷橋(仮題)」という映画を誘致し、撮影支援に三朝町議会が450万円支援するというお話。

さらに、撮影に関する滞在宿泊費も地元で負担する。




実は、韓国の人気テレビドラマ(らしい)「アテナ・・・戦争の女神」(12月放映らしい)の時、

なんと、160人の韓国撮影人2週間2240人分の宿泊は無料サービスしている。
これはハワイ温泉ホテル望湖楼がサービスしたそうだ。
太っ腹!儲かってるんだねぇ。望湖楼さんは。


2240人が単純計算1日1万円で2240万円の出費ということになる。
出るのと入るのでは2倍違う。
望湖楼は2240万円を韓国人観光客で純利益として取り返せるのか。
その経費と県、市町村の担当者、ボランティアの時間と出て行った金と苦労も相当なものだろう。


韓国から何万人倉吉や三朝に訪れるのか知らないが、
経済効果が十分にあるからいいかもしれない。

「恋谷橋」も同様の効果があるのだろうか。
日本中が撮影場所として誘致するために業者をちやほやしてるんだろうか。

「ゲゲゲ」効果はものすごいものがあったし、今も続いているが、
仮りに集客効果はあったとして、鬼太郎ロードのように何度も来てくれる様な場所だろうか。
それだけの価値、楽しめる場所だろうか。




などなど、切れないものを感じるのはBoscyo(~~♪だけでしょうか。


ちなみに望湖楼 (鳥取県)といえば、一泊15000円はくだらない。場所は同じく鳥取県中部の東郷池湖畔。
山陰八景に数えられる美しい東郷湖。その湖上に浮かぶようにそびえる優雅な宿。自慢の空中湖山温泉、湖上露天風呂は、開放感も眺望も抜群というホテル。一度泊まってみる?

JUGEMテーマ:地域/ローカル


JUGEMテーマ:映画




こて絵
「全国鏝絵・なまこ壁サミット」が行われます。


こて絵(鏝絵)って最近、結構人気がある職人さんの技なんですが、

最近の左官屋さんが壁に漆喰やセメントを塗るのを見ることはなくなってしまいました。


Boscyo(~~♪の小さいころはそれでもまだ、裸足で土をこね、土壁を塗る左官屋(しゃかんやって言ったりするんですが)さんがたくさん居られました。

鏝絵が出来る左官屋さんというのは、今であれば所謂芸術家の部類に入るのかもしれませんし、

もちろん、職人としての大きなプライドを持ってやっておられたことでしょうね。


最近は、左官という仕事があまりなくなり、ほとんどパネルで家が仕上がっているようです。


昔ながらのお金持ちの旧家では、でかいヒノキの柱を使い、壁土をこねて漆喰を塗り家を建てる方もおられるんでしょうが、かなりの工期と金が必要でしょう。



田舎の方の古い家屋や蔵に鏝絵を見かけることがあります。

この鏝絵が全国でもほとんどないほど集中している地域が鳥取県内にあり
2010年11月6,7日に

「全国鏝絵・なまこ壁サミット」

が開催されるということです。


場所は鳥取県中部 倉吉市の倉吉未来中心
二日目には見学ツアーも行われるようです。


鏝絵の密集地は琴浦町光

漁港で有名な赤碕港から山方向へしばらく走った場所です。もちろん人の家です。

1960年代の近くに住む左官職人さんで吉田さんという方の作品が多数存在するそうです。

きっと現在にも受け継がれているんでしょうね。

大きな地図で見る

JUGEMテーマ:地域/ローカル


JUGEMテーマ:気になること