いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した
子供時代に日本国憲法前文を学校で習った時は

実にすばらしいことが憲法に書いてあると思った記憶がある。
人は、人としてこうあるべきだと。。。。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

これだけだと、日本人は何とお人良しなんだろうと思うが、数年前まではこれでも良かったのかもしれない。

しかし、日本の隣に、日本の平和やアジアの平和、世界の平和を壊そうとする中国、韓国、北朝鮮がいるという現実を無視することは出来ない。

彼らは欲にまみれている。

彼らに「公正と信義」は通用しない。

日本国憲法前文は続いて
「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」


とある。
この文面から見ると、世界の平和のために、専制と隷従、圧迫と偏狭に対して挑戦している。

専制と隷従、圧迫と偏狭を除去する方法は、9条の戦争放棄により「金と信用」で除去することになるのかな。

そんなことで彼の国が素直になればいいのだが。。。。。。

JUGEMテーマ:日本人




日本人としての誇り・・・3
タイの元首相ククリックド・プラモード氏

「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。

日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。

今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。

それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。

十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。

我々はこの日を忘れてはならない。」

( 十二月八日、現地の新聞「サイアム・ラット紙」において )

JUGEMテーマ:日本人


アジア諸国の独立に貢献したのが日本であり、日本人である。

このことを我々日本人は誇りに思うのが当然であり。

その血をみんなが受け継いでいる。


賞賛











日本人としての誇り・・・2
インド、インド弁護士会会長・法学博士であるグラバイ・デサイ氏の話


このたびの日本の敗戦は真に痛ましく、心から同情申し上げる。
しかし、一旦の勝負の如きは必ずしも失望落胆するに当たらない。
殊に優秀な貴国国民においておやである。
私は日本が十年以内にアジアの大国として再び復興繁栄する事を確信する。

インドは程なく独立する。
その独立の契機を与えたのは日本である。
インドの独立は日本のお陰で三十年早まった。
これはインドだけではない。
インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。
インド四億の国民は深くこれを銘記している。
インド国民は日本の国民の復興にあらゆる協力を惜しまないであろう。
他の東亜諸民族も同様である。

(1946年デリーの軍事裁判に参考人として召還された藤原岩市F機関長に対する挨拶)

------------------------------------------------------

戦後の我々の世代は日本人として生きることが恥ずかしいかのごとく学校で教育を受けてきた。
しかしそれはおおかた間違っていることに気づき始めている。
戦勝国が意識的に日本人を教育してきたことに起因するようだ。
あるいは、中国人、朝鮮人が甘い汁を絞り取ろうとしていることに由来するようだ。

日本人は戦前のように誇りを持ち、世界の虐げられた国々あるいは人々の為に、そっと行動を起こしてゆかねばならないだろう。

世界を牛耳る一部の富裕層や権力層をいつまでも野放しにしておいてはならない。
ゆがんだ地球の歴史を正してゆかなくてはならない。

それは戦争でではなく、心と良心を基にした日常行動かもしれない。

日本国が国として行うのではなく、日本人が個人として、個人の集まりとして行われてゆくことかもしれない。

JUGEMテーマ:日本人


賞賛



日本人としての誇り・・1
インドの極東国際軍事裁判判事・法学博士であるラダ・ビノード・パール氏は、昭和27年11月5日の広島高等裁判所での講演でこういっている。


要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の一七年間(昭和3〜20年、東京裁判の審理期間)の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。

 ・・・・・ 

私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。
この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。それを私は判決文の中に綴った。
その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。

それなのに、あなた方は自分らの子弟に
「 日本は犯罪を犯したのだ 」
「 日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ 」を教えている。

満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。
あやまられた歴史は書き変えなければならない。



------------------------------------------------------

戦後の我々の世代は日本人として生きることが恥ずかしいかのごとく学校で教育を受けてきた。

しかしそれはおおかた間違っていることに気づき始めている。

戦勝国が意識的に日本人を教育してきたことに起因するようだ。
あるいは、中国人、朝鮮人が甘い汁を絞り取ろうとしていることに由来するようだ。

戦後教育は日本人の誇りを再生させていない。
日本人は戦前のように誇りを持ち、世界の虐げられた国々あるいは人々の為に、そっと行動を起こしてゆかねばならないだろう。

世界を牛耳る一部の富裕層や権力層をいつまでも野放しにしておいてはならない。

ゆがんだ地球の歴史を正してゆかなくてはならない。

それは戦争でではなく、心と良心を基にした日常行動かもしれない。

日本国が国として行うのではなく、日本人が個人として、個人の集まりとして行われてゆくことかもしれない。


JUGEMテーマ:日本人

賞賛


失っていた日本人としての誇りを取り戻すために
戦後の我々の世代は日本人として生きることが恥ずかしいかのごとく学校で教育を受けてきた。

しかしそれはおおかた間違っていることに気づき始めている。

戦勝国が意識的に日本人を教育してきたことに起因するようだ。

あるいは、中国人、朝鮮人が甘い汁を絞り取ろうとしていることに由来するようだ。


日本人は戦前のように誇りを持ち、世界の虐げられた国々あるいは人々の為に、そっと行動を起こしてゆかねばならないだろう。

世界を牛耳る一部の富裕層や権力層をいつまでも野放しにしておいてはならない。

ゆがんだ地球の歴史を正してゆかなくてはならない。

それは戦争でではなく、心と良心を基にした日常行動かもしれない。

日本国が国として行うのではなく、日本人が個人として、個人の集まりとして行われてゆくことかもしれない。



JUGEMテーマ:日本人

賞賛