いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


北海道科学技術総合振興センター幌延地圏環境研究所がメタンガスを発生させる微生物を発見(世界初)
本日、2012年1月16日の日経新聞からもうひとつ。

公益財団法人の北海道科学技術総合振興センター(札幌市)幌延地圏環境研究所は、日本全土で採掘できる「けい藻岩」や石炭の一種「褐炭」から天然ガス成分のメタンガスを発生させる微生物を発見した。

褐炭からメタンを作る微生物はいたが、けい藻岩を使う種類は世界初という。

メタン生産効率が最大56倍と高く、廃炭鉱などをガス田に変えられると期待している。

2020年までの実用化を目指す。

新微生物は北海道幌延町などの地下深くで見つかった。

5グラムのけい藻岩に培養液50ミリリットルを混ぜると、5週間で岩1グラム当たり3.5ミリリットルのメタンが取り出せた。

褐炭では4週間で同6ミリリットルだった。

けい藻岩は植物性プランクトンの死骸などが堆積。

この有機物を微生物が食べ、メタンを排出する。

将来は廃炭鉱などの地下に培養液を注ぐ方法を想定している。

産業技術総合研究所の鎌形洋一博士は「低コストで地下資源が有効活用できる」と話す。

不純物が多くて使い道がほとんどない褐炭は、稚内市の天北炭田だけで約20億トンの埋蔵量がある。



公益財団法人北海道科学技術総合振興センター 幌延地圏環境研究所
http://www.h-rise.jp/index.cgi


20年後の実用化ということですが、実際にはかなり早く実用化されることでしょうね。
それまで、日本があればいいですが、なにせ、風雲急を次げているのでねぇ。



微生物ってこれからも重要な発見があるでしょうね。
人類を救うのが微生物かも。


地球を救うのは人類でしょうか、それとも宇宙人でしょうか?あるいは・・・・





スポンサーサイト
- | 00:28 | - | -
コメント
コメントする