いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


日本人としての誇り・・1
インドの極東国際軍事裁判判事・法学博士であるラダ・ビノード・パール氏は、昭和27年11月5日の広島高等裁判所での講演でこういっている。


要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の一七年間(昭和3〜20年、東京裁判の審理期間)の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。

 ・・・・・ 

私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。
この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。それを私は判決文の中に綴った。
その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。

それなのに、あなた方は自分らの子弟に
「 日本は犯罪を犯したのだ 」
「 日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ 」を教えている。

満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。
あやまられた歴史は書き変えなければならない。



------------------------------------------------------

戦後の我々の世代は日本人として生きることが恥ずかしいかのごとく学校で教育を受けてきた。

しかしそれはおおかた間違っていることに気づき始めている。

戦勝国が意識的に日本人を教育してきたことに起因するようだ。
あるいは、中国人、朝鮮人が甘い汁を絞り取ろうとしていることに由来するようだ。

戦後教育は日本人の誇りを再生させていない。
日本人は戦前のように誇りを持ち、世界の虐げられた国々あるいは人々の為に、そっと行動を起こしてゆかねばならないだろう。

世界を牛耳る一部の富裕層や権力層をいつまでも野放しにしておいてはならない。

ゆがんだ地球の歴史を正してゆかなくてはならない。

それは戦争でではなく、心と良心を基にした日常行動かもしれない。

日本国が国として行うのではなく、日本人が個人として、個人の集まりとして行われてゆくことかもしれない。


JUGEMテーマ:日本人

賞賛


スポンサーサイト
- | 02:09 | - | -
コメント
コメントする