いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


牛の天敵「サシバエ」捕獲装置完成
牛の天敵「サシバエ」の捕獲装置を開発

鳥取県や紙器加工業の「サンバック」(倉吉市長坂町)などが、年の天敵である吸血性害虫の「サシバエ」を捕獲する装置「モウ安心」を開発した。装置はサシバエだけを効率よく捕一獲することができ、畜産農家を悩ませていたサシバエ駆除に威力を発揮しそうだ。

 装置の開発は、県立農業大学校(倉吉市関金町大鳥居)の沢英夫教授が、畜産農家から「サシバエ被害に困っているという話を聞いたのがきっかけ。

 サシバエの生態を確認するため、殺虫剤や防除ネットでの駆除を試みたが、効果はみられなかった。沢教授は、サシバエは黒い物体に寄って、周辺を旋回する傾向があるというデータを基に、黒色の立体物を作製。畜産農家の協力を得て調査したところ、多くのサシバエの捕獲に成功した。

 さらに、白色の立体物や黒色の平面物との比較実験も行い、黒色の立体物が最も効果的だという結論に至った。

 結果を受け、サンバックや県産業技術センター(鳥取市)、地元の工業デザイナーが商品化に着手。試作品の作製と実験を練り返し、最終的に高さ約36センチの黒い円柱状の紙材に透明フィルムを貼り付けた「モウ安心」が完成した

 本体各10枚と粘着シート100枚で3万5千円(税別)で販売。サンバックの森和実会長は「サシバエを駆除することで、牛のストレス解消につながる。飼育に役立ててほしい」と期待し、希望者にはサンプルを提供するという。

 県は立体形状の捕獲装置で黒色の粘着シートを組み合わせ、効率的にサシバエだけを捕獲できるとして特許出願中。沢教授は「今後も改良を加え、牛が安心して過ごせる環境をつくりたい」と話している。


製造販売:(有)サンパック
〒682-0835 鳥取県倉吉市長坂町722-1
TEL : 0858-28-5461

平井知事で有名な鳥取県も絡んでいます。

JUGEMテーマ:気になること



スポンサーサイト
- | 00:10 | - | -
コメント
コメントする