いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


安来公園(社日公園)の桜
鳥取県西部の県境を越えると、直ぐ島根県の安来市へ出ます。

安来市内のど真ん中に安来公園があります。
安来駅を降りて歩いても15分の距離です。

「安来千軒名の出たところ社日桜に十神山」と、安来節にも唄われる社日桜。

安来公園の桜

明治初期に植えられたサクラは、開花時には500本もが社日の山を覆いつくし、またツツジも咲き競う山陰でも有数の桜の名所です。

園内には安来節発祥を記す記念塔が建てられ、4月9日には、安来節初代家元・渡部お糸をしのぶ「お糸まつり」も開催されます。

駐車場が無いのがたまにきずですが。

●3/26(日)〜4/16(日) 期間中ライトアップ
●安来節上演:平日夜7時〜、土日午後1・3・7時〜(4月9日(日)は午後3・7時〜)
●4/9(日)お糸まつり 10:30〜 
お問合せ●TEL.0854-23-3340

周辺地図



スポンサーサイト
- | 17:00 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
社日社日(しゃにち)とは雑節の一つで、産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日。春と秋にあり、春のものを春社(しゅんしゃ、はるしゃ)、秋のものを秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)ともいう。社日は古代中国に由来し、「社」とは土地の守護神、土の神を意味する。春分
日本の記念日 | 2007/02/15 12:52 AM