いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


風車を32基建設
昨年の4月に風車について書き、鳥取県に現在41基あるとお伝えしましたが、本日の日本海新聞に一気に32基の風車を設置しようという動きが載っていました。

場所は鳥取県東部の岩美町。
総出力は8万キロワットで、風力発電としては全国最大だそうです。
4万6千戸分の電力を確保できる予定だそうです。
1基あたり2500kwです。

風車1基の出力は10kw位から徐々に大きくなってきています。
2500kwというと最大規模の風車です。

圧倒的に海外産の導入実績の方が多いですね。

2006年度調査によると2006年度1314基のうち、海外産は989基、メイドインJAPAN産は325基だそうです。
75%は海外産ということです。

1980年に設置され、稼動後5年〜10年で休止や撤去されたものもかなりあるようです。

岩美町の風車は、高さ85メートル、羽根長44メートル
2007年に出来た鳥取県中部の北栄町の風車より大きいですね。
北栄町の風車は1500kwで9基出来ています。

北栄町の風車は1基3億円位です。
それよりも大きな風車32基ですから風車のみでも100億をゆうに超えるものでしょう。
風車は山の上に建ててゆくみたいですから、道路作りから始めて、地下ケーブルで兵庫県新温泉町にある関西電力新温泉町変電所に送り関西電力へ売るということになると総工費はいくらになるんでしょうね。

ドイツ製になるんでしょうかねえ。
日本は風力発電ではかなり遅れているということですから。

それにしても、32基の風車が山の上でブンブン回っている姿を見るのはどうなんでしょう。
Co2は減りますが、生態系や環境変化も気になるところです。かなりの反発も予想されますね。

クリーンエナジーファクトリー(本社・北海道根室市、鎌田宏之社長)の建設計画だそうです。


いなかうぇ〜ぶ内の風車と風力発電に関する記事
日本海新聞の記事
鳥取県中部 北栄町の風車に関する詳細な記事
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
 
JUGEMテーマ:ニュース




スポンサーサイト
- | 17:35 | - | -
コメント
コメントする