いなかうぇ〜ぶ

山陰地方 鳥取県、島根県の中海圏域の話題を中心にいなかの話題や情報をご紹介いたします。
イベントや話題をお持ちでしたらご紹介下さい。お待ちしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お買物検索
楽天で探す
楽天市場
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
スポンサードリンク
スーパーセキュリティZERO [ダウンロード]
広告
人気ブログランキングへ
LINKS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -


夢は叶う!
 言葉、をかけることによって、影響があるのかどうか、IHM総合研究所という、波動の研究所に、小学生から送られてきた「ご飯実験」、「球根実験」のレポートという記事がありました。

 しかも、日本だけでなく、外国の小学生も参加していますからポジティブな言葉とネガティブ言葉の比較は、国籍がないのです。

 「ご飯実験」では、対照実験で、2つのガラスの容器のビンの中に、普通の炊いたご飯を入れて、一方には「ありがとう」、もう一方には「ばかやろう」という文字を貼って、毎日その言葉をそれぞれに、かけつづけたのです。

 1ヶ月間つづけた結果、「ありがとう」、のご飯は芳醇な麹(こうじ)のような香りを放ち、「ばかやろう」のご飯は、黒く変色して、異臭を放ちました。

  その後、この実験レポートを見た各地の小学生や海外の小学生からも続々と実験レポートが届けられました。

 そして、それは、どの言語でも同じような結果を示していたのです。

 みかんやイチゴを使って実験した小学生もいました。
「愛」「ありがとう」「平和」「友情」などの言葉を書いた果物は変色しないのに、「ばか」「戦争」「いじめ」などのネガティブな言葉を書いたビンや、何も書かないビンの中の果物は、黒ずんだり、カビに覆われました。

 5つのヒヤシンスの「球根実験」では、同じ条件でセットして伸び始めた根に向かって、「ありがとう」と「ばか」の声かけをし、そのうちの一つは、何の声もかけませんでした。

 その結果、何の声もかけなかった球根が最も成長が悪く、家族全員で「ありがとう」の声をかけをした根がもっとも良くのびました。

 一人よりも、多人数で声をかけたほうが影響を強く受け、「ばか」と声をかけるよりも悪いのが、無視することだという実験結果になったのです。




これは、某メルマガに掲載されていた記事です。

驚異的な実験ですね。ホントかな?と思うでしょうが、小学生の実験ですから真実と考えて良いでしょう。

ということは、人であれば、ネガティブな言葉を口に出せば出すほど、悪くなってゆくという事です。

大変なことです!!!



常にポジティブに生きましょう。

マイナスの言葉はしゃべらない。

プラスの言葉に変えてしまいましょう。

夢や希望を毎朝、声に出していると適うといいます。

夢を実現するために、毎朝夢を口に出して言いましょう。




メルマガ『奇跡を呼び込むS氏の能力開発』の一部をお借りしました。


スポンサーサイト
- | 00:05 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。